スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みゆの恥ずかち制服 Part2

みゆの恥ずかち制服 Part2
「みゆクン、藤元さんの点滴まで終わったかね?」
『はい、只今すべて。』
「じゃ、ちょっとこっち」
『えっ、先生なにか…』
「この三日間、患者さんのことで目一杯で一睡もできてない。。
みゆクンもここのところずっと夜勤続きでほとんど眠れてないんじゃないのか?・・・ほら、こんなにやらしいお尻して!」
『先生、やめてください。あん、やめて、先生!』
「じつはこないだな、患者さんのカルテを必死になって整理するみゆクンに目が止まったんだ。
みゆクンのわきの下からなにやら黒いものが見えた。
…正直あれからずっと気になっていたんだ、ほら、やっぱり本物だ。」
『えっ!』
「あんなに毎日毎日真面目に働いてたらな、
みゆクンにはちっとも自分の毛など手入れする時間がないのだろ?」
『・・・』
「あ、いやな、ついさっきまでこの際私がみゆクンのムダ毛をきれいにしてあげようと思っていた
…なのに、 なんだか触ったら興奮してきたではないか、一体、なん、なんだこの感覚は
……私も疲れすぎてて正直脳が麻痺してきているのかもしれぬ。味わいたくて、私のがかたくなってきた」
『・・・』
「ん~、いいお尻だ、もじゃもじゃみゆクンのお尻は、じつにふさふさしてて気持ちがよい!! うわうわ、こっちも大洪水だみゆクン」
   『…もぅ我慢できないよ、みゆ。』

-お医者さんとみゆナース編-


P.S. みんなへ
みんなも、みゆみたいにこっそりコソコソしたとこで(笑)、
癒し癒されな時間を大切にして、日頃のストレスためないでね。
気分転換って、何をする上でもものすごく重要なんだなぁ~って、
最近しみじみ感じちゃってるみゆより.
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。